バリ島ごはん

後悔しないバリ島ご飯ご紹介します。

chatime / チェーン店

おすすめポイント

  • 30ヵ国、890店舗以上を持つ安定のスペシャルティー専門店
  • トッピング・砂糖・氷のカスタマイズでお好みの味に
  • 豊富なメニューで何度も楽しめる!

 

日本のタピオカミルクティーブームは少し落ち着いたのでしょうか。

日本ではなかなか手が出しにくいと思われる方もおられるかもしれません。実は私もその一人

海外でならちょっと試してみよう!という気になったらぜひchatimeに行ってみてください。

 

バリ島には現在15店舗ほどのchatimeがあるようです。

 

おそらく一番有名なのはモル・バリ・ギャレリア(hypermartのあるモール)に入っている店舗だと思われます。

いつ行っても行列ができています。とはいっても待ち時間はせいぜい10分ほどです。

 

他のお店と一緒に入っていたり、路面店だったりいろいろです。

 

写真では右側にある“ORDER HERE”のところで注文・会計をすませて、左側の“PICK UP HERE”のところで商品を受け取るという流れです。

 

バリの店員さんたちは旅行者に慣れてるので、初めてでも大丈夫ですよー

 

レジの前にはメニューが置いてあります。大きな店舗だと複数枚あったりするので、取ってきて並んでいる間に考えておくとスムーズです。

 細かく分けてみていきましょう!

 

まず基本はやはりchatimeミルクティーですね!

ぜひ一度は試してほしいです。しっかり茶葉を感じられます。

 

紅茶以外にもいろいろあるのがポイント高いところです。

玄米茶やさくら煎茶、ストレート(black)ティーも用意されています。

 

真ん中の段になかなか面白いものがそろっています!

 

スムージーのおすすめはマンゴースムージーと抹茶レッドビーンスムージーです。

 

マンゴースムージーは本当に濃いマンゴーのフレーバーです。晴れた日に海の近くで飲めたら、完全にトロピカルな雰囲気を味わえます⛱

 

抹茶レッドビーンスムージーはとっても「和」です。まがい物でなく、日本人の期待する抹茶味を楽しめます。

そしてレッドビーン(小豆)のトッピングがうれしいです。かき氷で抹茶あずきってありますよね。その味です。それをバリで楽しめちゃうのはなかなかいいんじゃないでしょうか。

 

一番下にグラスゼリーwithフレッシュミルクというものがあります。

日本では仙草ゼリーと言われているもので、体の熱を除いてくれる効果があるそうです。味も適度に漢方っぽい味で、ミルクによく合います。

右の段では

  1. オーダー方法
  2. トッピングメニュー
  3. 氷と砂糖の量の選び方

が説明されています。

オーダー方法

各メニューにはR(レギュラー)とL(ラージ)がありますので、商品名の後にどちらにするかを伝えます。

アイスとホットを選べるみたいですが…すみません、ホットを頼んだことがないので詳しくわかりません。

トッピングメニュー
  • パール(タピオカ)
  • グラスゼリー
  • プリン
  • アロエベラゼリー
  • ココナツゼリー
  • レッドビーン(小豆)
  • コーヒーゼリー
  • レインボーゼリー
  • ムース(生クリーム…?)

こんなに用意されています!おすすめはレインボーゼリーです。

前述のマンゴースムージーにレインボーゼリーをトッピングすると見た目もよりカラフルになり、テンション上がります。

氷と砂糖の量の選び方 

実はここがchatimeでの最大のポイントです。

例えば、パールミルクティーを初めて頼むとします。

絶対におススメするのは、氷を「LESS」砂糖を「SLIGHT」にすることです。

これにより、

  • 最後に氷が残り、冷え固まったタピオカを大変な思いをして吸い上げる
  • 甘すぎてあきる

を回避することができます👍

でもきっと「これで砂糖が少なくなっているのか…?」と思われるでしょう。

すごいんです、インドネシア人の甘い物好きレベル。

 

ぜひぜひご自分のお気に入りメニュー&トッピングをさがしてみてください!